疫病を制御する最強の神 牛頭天王とは何者か

疫病を制御する最強の神 牛頭天王とは何者か

百五十年前 明治政府の神仏判然令で抹殺された
疫病を制御する最強の神 牛頭天王(ごずてんのう)

牛頭天王とは
牛頭天王とは
インド、はたまた中国から渡ってきた牛頭天王は
日本各地の八百万の神や仏と習合し
疫病に苦しんでいた庶民から、絶大な信仰を集めました。

疫病を流行らすことができる牛頭天王を慰撫し、崇敬することで
疫病を防ぐ神、疫病を除く神として、祀り奉っていたのです。

その典型が京都の祇園社(現・八坂神社)
神社名は変われども、今でも牛頭天王を祀る神社数は祭神種類で7番目です。
(八幡、伊勢、菅原道真、稲荷、熊野、諏訪、そして牛頭天王)

明治になり、天皇中心の国家神道を築こうとした明治政府により
庶民に強い影響力があった牛頭天王は徹底的に叩かれ
八坂神社・祇園神社・津島神社・八雲神社・須賀神社・須佐神社・素戔嗚神社
などに改称させられ、表向きの痕跡は抹消されました。

江戸時代、「てんのう」といえば、牛頭天王のことであり
皇国日本を統べる、万世一系の「天皇」のことではなかったのです。

王政復古により、
「禁裏様」「内裏様」と読んでいた人物を「天皇」と呼ばせるようにし
現人神としての天皇信仰を布教しようと考えた明治政府の神道家にとって
牛頭天王は紛らわしい邪神で目障りだったのです。

よって、廃仏毀釈運動で特に名指しで攻撃され、表舞台から消去されましたが、
しかし、庶民の長年の信仰を完全に無くすことはできず
全国各地に牛頭天王の信仰は形や名前を変えて残っています。

ジャングル奥地の開発、温暖化による永久凍土の融解などにより
未知のウイルスが人類を脅かし、パンデミックに恐れる時代
今こそ、最強の疫病制御の神 牛頭天王の復活を渇望する時ではないだろうか!

大倉陶園
日本製磁器の最高峰 大倉陶園に
牛頭天王をデザインした食器を特注しました。

大倉陶園
器にメロンを盛ってみました。なんだか強くなれそう。

こちらからご購入可能です。

Newsカテゴリの最新記事