自家製イクラに挑戦!生の筋子をほぐして醤油に漬けるだけ

自家製イクラに挑戦!生の筋子をほぐして醤油に漬けるだけ

8月後半から9月上旬にかけて北海道で秋鮭漁が解禁すると、豊洲市場には生の筋子が並び始めます。シーズン始めの卵はまだ皮が薄くてやわらかいので、筋子を購入してイクラをつくるのには最適!

私は毎年このタイミングで魚河岸に買いに行って、自宅でイクラの醤油漬けを作っています。
鮮度がいいのでプチプチで甘塩っぱくて美味しいですよ~!

流水で筋子の表面の汚れを落とします。

40℃のぬるま湯に3%程度の塩を入れ、筋子をお湯に浸します。

膜の切れ目から指を入れて、白い膜や黒い筋の部分を取り除きます。
粒が潰れないように優しく優しくほぐしていきます。

外した粒にもまだ、薄皮が残っていることがあるので、お湯を入れ替えて(3~4回)、キレイに薄皮を取り除いてください。

ザルに引き揚げて水気をしっかりと切ります。


酒①、みりん①を鍋に入れて加熱してアルコールを飛ばす。

その後、醤油①を入れて合わせ調味料を作ります。

イクラを合わせ調味料に漬けて、数時間置けば完成です。

私は生山葵と大葉を用意してイクラ丼にして食べました。
軍艦巻きやチラシ寿司もいいですよね。
やってみると意外と簡単なので、みなさまもぜひチャレンジしてみてください。

Newsカテゴリの最新記事